医療法人社団東風会 赤羽牧洋記念クリニック

東京都北区の赤羽牧洋記念クリニック 整形外科,リハビリテーション科,外科,内科,漢方内科

〒115-0045 東京都北区赤羽1-11-2
TEL 03-3598-6697
ドクターズファイル

 

QLife

 

よくある質問

◆漢方治療の特徴は?

関節痛・腰痛・肩こり・胃腸障害・更年期障害など西洋医学では十分な対処ができない病気や症状が個々の体質にあった漢方薬を使用することで改善することがしばしばあります。たとえば膝の痛みであれば西洋医学ではやせた人も筋肉質の人も水ぶとりの人も同じ痛み止めが使われますが、漢方薬は体格、冷え性の有無、体調などを全身的にとらえて処方をきめます。あたかも西洋薬を既製服に例えると漢方薬は仕立て屋さんに服を作ってもらうのに似ています。 私たちは、最新の西洋医学的診断に加え、漢方医学が得意とする“それぞれの体にあったきめ細やかなオーダーメード治療”により患者さんの幅広いニーズにお応えできると確信しています。
 

◆痛みに漢方は有効?

膝痛、腰痛には一般的には痛み止めいわゆる消炎鎮痛剤が用いられていますが鎮痛剤はその名のとおり、炎症をおさえて鎮痛効果を発揮するもので、同時に解熱効果を有するものですから高齢者・冷え性や胃腸虚弱などの人が使用を続けると、一時的に楽になったと感じても長く見れば病気を悪くしてしまうことや重篤な副作用を生じることもあるのです。一方漢方薬はその人の体質にあわせてもっとも効果の高いと考えられる漢方薬を使用するので、ぴったりと合えば意外と劇的に痛みが軽減して、痛み止めより効果が高く、安全で鎮痛効果も長続きします。 
 

◆漢方薬は効果が出るのが遅いのでは?

病気の種類によっても違いますが、急性疾患、たとえばカゼの初期で“さむけ”がしたときに、暖かくして、葛根湯を温かいお湯で“さむけ”が落ち着くまで2時間おきくらいにのむと心地よく発汗してカゼはこじらせる前に治癒します。この時期に体温計で熱があるからと鎮痛解熱剤をあわてて使用すると、発熱という一つの治癒反応を阻害してウイルスがくすぶり、カゼをかえって長引かせます。一方慢性の痛みや病気の場合は、漢方薬を治療の基本として、鎮痛剤などの急場しのぎの西洋薬はどうしても我慢できないときにのみ使用するよう指導しています。それでも漢方薬使用が適切であれば始めてから3日くらいで症状は軽くなり、遅くても2週間くらいで何らかの効果がでることがほとんどです。さらに漢方薬は冷えがよくなったりお腹の調子が良くなった、体が軽くなったといった鎮痛剤ではえられない効果もしばしば体験されるのが特長です。  
 

◆打撲や骨折にも効くの?

大変よく効きます!
以下は、読売新聞朝刊(2010.11.2付)「医療ルネッサンス」での当院の紹介です。
<打撲、骨折に早く効く>漢方の効き目は、一般に穏やかでゆっくりとしたイメージだが、打撲や骨折による急な痛みに対し、すぐに効果を発揮するものもある。
 東京都北区の主婦(77)は2008年5月、自宅の台所で転び、床に置いた缶ビールのパックに、右の脇腹を強く打ち付けた。お尻も床で強く打った。
 声も出ないほどの痛みで、しばらく起きあがれなかった。連休中だったため、湿布薬を張って様子をみたが、痛みは引かず、打った場所は青くなってきた。衣服が触れただけでも痛むため、緩いゴムのズボンで過ごし、連休明けに近くの赤羽牧洋記念クリニック(東京・赤羽)を受診した。
 (中略)漢方を積極的に取り入れている同クリニックでは主に、漢方の「治打撲一方」を用いている。
 打撲の場合、腫れによる炎症に加え、内出血が長引くと、血が滞って痛みが慢性化しやすい。「治打撲一方(じだぼくいっぽう)」には、内出血をひかせる作用のある「川骨(せんこつ)」や便の排出を促す「大黄(だいおう)」など7種類の生薬を含む。血の巡りを良くすることで内出血をひかせる働きを持つ。
 主婦は「治打撲一方」を1日3回服用した。翌日ぐらいから痛みが軽くなり、5日後の診察では、腫れが引いているのが確認できた。普段通り、ぴったりしたジーンズもはけるようになった。今は「痛みは全く残っていません。毎日自転車で元気に出かけています」と笑顔で話す。
 一見してもわからない程度の軽い打撲であれば、血流を良くする「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」を使う。ひどい内出血を伴うほどの強い打撲の場合は、「大黄」を多く含む「通導散(つうどうさん)」や「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」を用いることもある。
 また、骨折している場合には、これらに加え高齢者の滋養強壮に用いられる「八味地黄丸(はちみじおうがん)」を併用することが多い。
(中略)同クリニック副院長の東儀洋さん(整形外科医)は、「けがの痛みに漢方を使えば、鎮痛だけでなく、回復も早くなる傾向があります。症状が長引かせないためには、けがの直後から漢方を使うのが望ましいでしょう」と話す。